PAGE TOP

Scholarship System「電気技術者奨学金制度」のご紹介優秀な外国人留学生の採用で電気設備業界の未来を支える

電気設備会社の採用担当者様へ
優秀な外国人留学生を
採用しませんか!

「電気技術者奨学金制度」をご利用ください

「電気技術者奨学金制度」とは

本制度は、優秀な外国人留学生が、企業から支給される貸与型奨学金によって、電気技術者(施工管理職やCAD技術職)としてキャリアを築くための知識の習得に対する金銭的なハードルを下げ、日本で働く選択肢を持つことができる「修学と就職の機会」を提供することを目的とした制度です。
卒業後は奨学金拠出企業での就労を前提としており、採用に悩む企業にとって、 人材確保の新たな選択肢となります。

  • 優秀な留学生を紹介
    • 電気技術者(施工管理職、CAD技術職)を目指す留学生と企業様をマッチング
    • 学校法人穴吹学園 国際ITエンジニア学科(電気・CAD専攻)留学生
    • 卒業時「日本語能力検定(JLPT)N2」および「第二種電気工事士(筆記・実技双方)」を取得予定
  • 保証人付き奨学金貸与契約
    • 面接等の選考を経た優秀な留学生に対し、企業様から奨学金を貸与
  • 企業様・奨学生双方を的確にサポート
    • 学校法人穴吹学園とサオマイジャパン株式会社が選考時から採用後までサポート

第一回 電気技術者奨学金制度 募集要項

2023年3月卒業予定の留学生 5名(ベトナム人、ネパール人)に対する奨学金拠出企業を募集いたします。
募集要項は、次の通りです。

(1) 奨学金受給候補対象となる留学生について

  • 1) 奨学金受給候補留学生学校法人穴吹学園 国際ITエンジニア学科(電気・CAD専攻)2年生 5名
  • 2) 国籍ベトナム・ネパール
  • 3) 奨学金受給候補留学生2022年1月(2年生後期)時点で、講義出席率95%、JLPT N3を取得していること。
  • 4) 入社予定年月2023年4月
  • 5) 卒業時の目標取得資格・JLPT N2
    ・第二種電気工事士(筆記・実技双方)

(2) 奨学金・諸費用について

1) 奨学金概要

項目 内容
①奨学金貸与額 60万円
②奨学金の種類 無利子貸与型(返済免除特約あり)
③貸付期間 2022年4月~2023年3月( 2022年4月/9月 2分割で貸与)
④支払先 学校法人穴吹学園(授業料に充当される)
⑤受給基準 学力基準 2022年1月(2年生後期)時点で、下記の要件を満たすこと。
  ・講義出席率 95%
  ・JLPT N3の取得
⑥保証の範囲 身元保証人を1名定める
⑦返還方法 2023年4月 企業入社後から2年6ヶ月(30ヶ月)の返済猶予期間を経て、同期間を常勤職員(社員)として勤務した場合は返済免除となる。


2)人材紹介手数料

内容 金額 支払先 支払いスケジュール等
人材紹介手数料 40万円~ サオマイ
ジャパン
・奨学生採用時 基本料金の1/2
・奨学生入社時 基本料金残1/2
   +資格別加算金(※)

※)資格別加算金:卒業時の保有資格により加算されます。
一例として、第二種電気工事士(10万円)、JLPT N2(10万円)など。詳細は、サオマイジャパンまでお問い合わせください。



3)諸費用

内容 金額 支払先 支払いスケジュール等
①在留資格変更費用 約10万円 行政書士 ・在留資格「留学」→「技術・人文知識・国際」への切り替え
②印紙税 1,000円 - ・奨学金貸与契約印紙税
③その他 実費 内容により変動 内容により変動 ・対面での面接等実施の場合、交通費実費

(3) 入社までのスケジュール

「電気技術者奨学金制度」ご利用時の採用までの流れは、下記の通りです。

1) 2022年3月上旬: マッチング
  • 「電気技術者奨学金制度」の企業説明会の開催
    「電気技術者奨学金制度」の企業説明会を実施。企業・留学生の相互理解の場となり、その後のミスマッチを防ぎます。
  • 企業説明会のお申し込みはこちら
  • 採用希望企業へのヒアリング
    求人情報(人数、待遇、勤務地、求める人物像等)をサオマイジャパンがヒアリングします。
  • マッチング、企業への奨学金受給候補生のご紹介
    企業様と奨学金受給候補留学生の希望をマッチングし、条件にあった留学生をご紹介します。
2) 3月上旬: 選考面接
  • 企業・奨学金受給候補留学生による選考面接を行います。オンライン若しくは対面、回数は全2回程度を想定。面接には、学校法人穴吹学園・サオマイジャパンも同席します。
3) 3月上旬~4月上旬: 内定および奨学金貸与契約締結
  • 内定
    奨学金受給候補留学生の採用を決定される場合、内定通知を出していただきます。(以下、「奨学金受給候補留学生」に代わり「奨学生」という)
  • 企業・奨学生にて、奨学金貸与に関わる契約締結
    企業・奨学生間での奨学金貸与契約書を締結します。企業・奨学生間で契約書記載内容の理解に相違がないよう、契約書には奨学生の母国語併記を行い、しっかりと説明した上で締結に臨みます。(契約書ひな形は、学校法人穴吹学園・サオマイジャパンよりご提供します)
  • 身元保証人存在確認面談
    奨学金貸与契約締結に当たり、奨学生には別途「身元保証人」(原則として、両親などの保護者)を指定してもらいます。万が一、奨学生からの奨学金回収不可となった場合は存在保証人に債務が移ります。貸し倒れリスクを低くするため、採用企業ご担当者・学校法人穴吹学園・サオマイジャパン同席のもと、身元保証人の存在確認を身元保証人在住国とのオンライン面談で行います。
4) 4月下旬: 奨学金および人材紹介手数料お支払い
  • 第一回奨学金のお支払い
    学校法人穴吹学園宛に、第一回奨学金(30万円)をお支払いください。
  • 第一回人材紹介手数料のお支払い
    サオマイジャパンに、第一回人材紹介手数料(20万円)をお支払いください。
5) 9月下旬: 奨学金お支払い
  • 第二回奨学金のお支払い
    学校法人穴吹学園宛に、第二回奨学金(30万円)をお支払いください。
6) 2023年1月頃~: 入社準備
  • 在留資格の切り替え手続き
    企業での就労にあたり、在留資格「留学」から「技術・人文知識・国際業務」への切り替えが必要になります。行政書士に手続きを依頼する際は、10万円程度の実費がかかります。行政書士のご紹介も可能です。お気軽にお問い合わせください。
  • 入社準備
    入社にあたり、寮などの提供がある場合には順次準備を開始します。
7) 2023年4月: 入社
  • 奨学生 入社
  • 第二回人材紹介手数料のお支払い サオマイジャパンに、第二回人材紹介手数料(20万円)および卒業時に取得した資格に基づき資格別加算金をお支払いください。

Q&A

  1. Q1採用決定から入社に至るまで、学校法人穴吹学園とサオマイジャパン(SJ)はどのようなサポートをしてくれるのでしょうか?
  2. A1奨学生採用決定から入社まで、穴吹学園・SJにてサポートいたします。
  3. 1)奨学生採用決定時
    ① 奨学金貸与契約書類の締結時においては、留学生の母国語による説明・契約書の母国語により、契約内容の理解の齟齬を防ぐため、契約書ひな形のご提供および母国語の翻訳についても支援します。
    ② 身元保証人の存在確認面談を実施します。(穴吹学園、SJが同席のもと)

    2) 穴吹学園在学中
    ① 在学中の様子について、穴吹学園から企業様へ定期的にレポートいたします。
    ② 奨学生・企業の面談を定期的に実施します。学習進捗の把握や、入社前のコミュニケーションの機会を醸成します。
    ③ 奨学生の家庭の都合による緊急帰国時には、穴吹学園にて手続等の支援を行います。
    ④ ご希望があれば、企業体験も可能です。

    3) 企業入社後
    入社後は必要に応じて、穴吹学園・SJがトラブル対応等の支援を行います。
    サポートにかかった費用等は企業様のご負担となります。
  1. Q2万が一、留学生が、奨学金拠出企業ではなく他社への就職を希望した場合は、どうするのでしょうか?
  2. A2原則として、奨学金を受給することは内定を受諾したことを指します。また、穴吹学園は、奨学金拠出企業への就労斡旋を「学校斡旋(専願)」扱いとし、他企業への就職に対するサポートは行いません。(既に自動車整備・介護部門にて奨学金制度を実施していますが、これまで奨学金拠出企業へ就職しなかった留学生はおりません)
    ただし、学校のサポートなく独自で就職活動を行い、内定した場合、留学生が他社への就職を選ぶ可能性はあります。万が一、留学生が他社への就職を希望した場合には、奨学金貸与契約書の内容に基づき返済の義務があります。
  1. Q3留学生のトラブルにより、本人から奨学金を回収できなくなった場合は、どのように回収するのでしょうか?
  2. A3奨学金貸与契約時に、「身元保証人」を定めます。留学生本人から奨学金を回収できない場合は、返済義務は保証人に移ります。
  1. Q4貸し付けた奨学金を回収できない場合は、穴吹学園・SJは弁済してくれるのでしょうか?
  2. A4貸し付けた奨学金を回収できるよう、私どもはご支援をいたしますが、万が一回収不可能となった場合は、企業様負担となります。
  1. Q5「保証人」について教えてください。
  2. A5「保証人」には原則として、留学生の親や親族を指定します。保証人には、貸与契約内容について母国語で説明を行い、内容を理解いただいたうえで署名を行っていただきます。
    保証人は、留学生出身国に居住しているケースがほとんどですので、居住地や申告内容に偽りがないか、穴吹学園・SJ同席のもと、企業ご担当者にて保証人の存在確認を行っていただきます。(オンライン面談)
  1. Q6「JLPT N2、第二種電気工事士を取得できなかった場合はどうなりますか?
  2. A6企業様にご判断いただきます。
  1. Q7学習で使用しているCADソフトは何を使っていますか?
  2. A7JW CADを使用して学習しています。


その他「電気工事奨学金制度」に関するお問合せ・ご質問につきましては、下記までお気軽にご連絡ください。